googleアドセンス

住信SBIネット銀行とは?

節約・ポイ活
スポンサーリンク

この記事では、住信SBIネット銀行について簡単に理解できるようにまとめています。

ネット銀行に興味のある方は是非ご覧ください!

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行の概要

そもそも住信SBIネット銀行って何という人のために、まずは住信SBIネット銀行の情報についてまとめていきます!

住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングスの出資により、2007年に誕生した店舗を待たないインターネット銀行になります。

サービス名住信SBIネット銀行
サービス開始年月2007年9月
口座数5,102(千口座)
業務形態インターネット専業銀行(店舗なし)
2022年2月11日時点の情報
スポンサーリンク

メリット

住信SBIネット銀行には非常に多くのメリットがありますが、個人的に他のネット銀行と比較しても優れている最大のメリットを3つに絞って紹介します!

資金の移動を自動化できる

住信SBIネット銀行の最も大きなメリットの1つは毎月の資金移動を自動化できることです。

住信SBIネット銀行では”定額自動入金”、”定額自動振込”という2つの便利なサービスを手数料無料で利用することができます。

私はこの2つのサービスを使って、毎月の給与から定額を自動で毎月のクレジットカード積み立て用の銀行口座に移動させています。

最初に設定さえしてしまえば、完全自動でいいので非常に楽に毎月の積み立てを行うことができます。

定額自動入金

定額自動入金は毎月5日又は27日に他行から設定した金額を引き落として4営業日後に住信SBIネット銀行へ入金してくれるサービスです。

給与の振り込み口座から毎月定額で入金されるようにしておくと資産運用には便利ですよ!

定額自動振込

定額自動振込では指定した日に住信SBIネット銀行から指定した銀行へ振込してくれるサービスです。

定額自動振込の手数料は、月1回は確実に無料となります。

スマプロランク次第では月数回無料になることもあります。
(私は現在月5回まで無料です。)

手数料無料回数が多い(最低でも毎月2回)

住信SBIネット銀行はスマプロランクというランクにより、ATM手数料と振込手数料の無料回数が下記のように決まります。


ATMご利用手数料
入出金
無料回数
振込手数料
他の金融機関あて
無料回数
ランク4月20回月20回
ランク3月10回月10回
ランク2月5回月5回
ランク1月2回月1回
2022年2月11日の情報

上記のランク表ですが、ランク2になるためにはスマート認証NEOという生体認証を設定するだけなので、実質住信SBIネット銀行の利用者は毎月5回まで手数料が無料となっている方が多いと思われます。

一方でランク3以上になるにはそれなりの条件クリアが必要になるので、ランク3以上が必要な方はご確認下さい。
(私はランク2でも毎月手数料無料回数が余っているので、日常生活に使うだけであればランク2で十分だと感じています。)

日本円からドルに変える手数料が最安

住信SBIネット銀行の外貨普通預金において、円でドルを購入する時の為替コストは、4銭(0.04円)になります。

また、外貨を積み立て購入する場合の為替コストは2銭(0.02円)になりますが、住信SBIネット銀行では毎年何度か外貨積み立ての手数料を無料とするキャンペーンも行っていますので、そのタイミングだけ積み立てるのでもいいかもしれません。

  • 外貨普通預金4銭(0.04円)
  • 外貨積立2銭(0.02円)
  • 外貨積立キャンペーン中0円

楽天証券は通常時25(0.25円)銭の手数料がかかりますので、それと比較すると住信SBIネット銀行の手数料が非常に安いことが分かります。

スポンサーリンク

デメリット

金利が高くない

住信SBIネット銀行の金利は0.001%なので、メガバンクと同じになります。

たまにキャンペーンで金利が高くなることもありますが、預金の金利を重要視するなら他のネット銀行の方が良いかもしれません。

ネット銀行特有の問題

住信SBIネット銀行は店舗も通帳も持たない完全なネット銀行ですので、以下のような特徴があります。

  • 通帳がないので、紙媒体で管理ができない
  • 店舗がないため、困った時にオンラインでの問い合わせになる

この辺はネット銀行ならではのデメリットにはなりますが、気にしないという方も多いのではないでしょうか。
(個人的にはメリットの大きさを考えると、デメリットは全く気になりません。)

まとめ

住信SBIネット銀行のメリット、デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット

  • 資金の移動を自動化できる
  • 手数料無料回数が多い
  • ドルに変える手数料が最安

デメリット

  • 金利が高くない
  • ネット銀行特有の問題

今回紹介したメリットは良く比較されがちな楽天銀行と比べても優れているポイントなので、是非参考にしてください!

読んでいただきありがとうございました。

投資は自己責任で、楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました